壮大な滝という紅葉の協同

岐阜県内高山市裏飛騨温泉郷平湯における「平湯大滝」。壮大な滝といった紅葉は圧倒されます。
平湯大滝は落差64m、幅約6メートルの「日本の滝百選」に入るほどの壮大な滝だ。また、「岐阜県の名水50選」に選ばれている名瀑だ。
こちら、平湯大滝のある裏飛騨温泉郷は「飛騨・美濃紅葉33選」に選ばれているほど美しい紅葉で人気の地区となっています。平湯大滝の紅葉はカエデ、ナナカマドの燃えるような紅葉で、衝撃的で流れ落ちる迫力のある滝に紅葉がコントラストを添えて見る物を圧勝させます。
平湯大滝には平湯スパもあり、昔から親しまれています。
平湯スパは、戦国時代に武田信玄の家臣が飛騨攻めの最中に峠乗り越えの疲弊と硫黄岳の毒ガスで疲弊し、平湯大滝最寄りで動けなくなった際に、一匹の白猿にて教えられたスパに浸かって疲弊を回復させたという伝説のいるスパだ。
断崖を豪快に流れ落ちる飛騨の名滝を一度は視線にしたいものです。
また、平湯スパから平湯大滝までは徒歩で約半ほどだ。紅葉を楽しみながらゆっくりと散歩を楽しんでみてはどうでしょうか?紅葉した葉っぱのじゅうたんの上を駆け回りながら滝の雑音で癒されることを想像しただけで足を運んでみたくなりますよね。散歩にはちょうどいい道程です。そうして、散歩から帰るって平湯スパでゆったりお湯につかり、疲れたボディを温めて下さい。
紅葉という壮大な滝、そしてスパ。この時期しか楽しめない光景を堪能してみませんか?

岐阜県内美濃加茂市美濃太田駅舎から始動始める電車から見分ける「長良川JR」の紅葉。
清流の長良川といった並走やる長良川JRは車窓からの紅葉が特長となっています。始発から終電まで時刻の許す限り、自分の一時で旅電車を楽しんでみてはいかがでしょうか。
電車は湯の洞スパ口〜郡上八幡までの距離で大きな橋梁と紅葉が見事に広がっていて、癒しのトリップとして毎年皆が足を運んでいるようです。
全国でも有名な名川です「長良川」から置きた旅電車「ながら」。こういう電車は、数々の名貨物の立案を手がけた水戸岡鋭治君が立案し、車体は沿線の当たり前を表す「緑」、長良川の「青」、雪景色の「白」という色あいをなすロイヤルレッドが形となった素敵な電車だ。内側も旅電車らしく沿線のお話によって飾りしてあり者を色んなところで満たしてくれます。そういった電車に乗って見る紅葉の見ごろは11ひと月中旬から11ひと月下旬だ。お弁当を食べたり、ご当地のスウィーツを食べたりしながらゆっくりした速度で滑る電車で十人十色に色づく紅葉を堪能してみてはいかがでしょう。
また、電車は各駅でとまるので、降りて当たり前を満喫することもできます。駅舎から駅舎まで紅葉をみながら散策してみたりという計画的に楽しむため毎日がさっさと過ぎてしまう。車窓から観る光景といった散歩での紅葉を一度に喜べる長良川JRにぜひ、足を運んでほしいものです。
必ずや癒しの機会を送れることでしょう。Webサイト